MENU

ホーム > イベント > ATAMI2030会議 >


<参加者募集中>2018年度 ATAMI2030会議ファイナル!!!

2019年2月13日 22:40pm

 

出会い、語らい、前へ進む。熱海のまちが動く1日!
2018年度ATAMI2030会議ファイナル!!

☆要申し込み☆
お申し込みはこちらのフォームからお願いします!
https://goo.gl/forms/S6kRknqaWjYgzqEe2

 

【日時】2019年2月16日(土) 10:00-20:30

【会場】[第一部] MOA 美術館 能楽堂
    (熱海市桃山町26-2)
    [第二部・第三部] 救世会館
    (熱海市桃山町26-1)

【参加費】無料。懇親会は4000円

 

2018年度ATAMI2030会議のファイナルです!!!
2016年から徐々に進化を遂げてきた、ATAMI2030会議。

ファイナルでは、その3年間の軌跡はもちろん、
さらにさかのぼり・・・
「そもそもなぜ、熱海のリノベーションがまちづくりは動き出したのか?」
「これから熱海はどうなる?どう動く?」
「どうしたら関われる?」
などなど、市来広一郎氏や清水義次氏、大島芳彦氏ほか、熱海のリノベーションまちづくりに欠かせないキーマンにご登場いただきお話しします。
次年度に向けてまた新たな動きが走り出します!!

 

・市来広一郎氏[ 株式会社machimori代表取締役 /
NPO法人atamista代表理事 ]
株式会社machimori:http://machimori.jp/
NPO法人atamista:http://atamista.com/

 

・大島芳彦氏 [ブルースタジオ 専務取締役 ]
http://www.bluestudio.jp/

 

・清水義次氏 [ATAMI2030会議座長/
株式会社アフターヌーンソサエティ 代表取締役]

 


プログラム

【第一部】
10:00-13:00 本会議
●トークセッション〜過去、現在、未来〜
熱海リノベーションまちづくり、過去→現在→未来について
市来広一郎氏や清水義次氏、大島芳彦氏ほか、
リノベーションまちづくりキーマンが語るトークセッション
●創業プログラム99℃発表
・一般社団法人伊豆の杣人舎 / 野山の素材を活かし、森への入口をつくる
・熱海銀座不動産 / 街ごと居住 ~まちを1つの大きな家と見立て豊かな共用部分をシェアする住まい方~
・TEAM UKEDA / 空き地・空き家・店舗・軒下と1日店長をマッチングするサービス
・岩堀暉久 / 南熱海のオフグリッドゲストハウス
【第二部】
●14:30-16:00 / ATAMI2030高校生会議
2030年の未来、まちの主役は子どもたち。自分たちの未来は自分たちでつくる。
熱海高校の2年生の総合学習の授業「熱海ラボ」。地域の事業と繋がり、各企業と一緒に課題解決に取り組んできました。
その活動の一環として、ATAMI2030会議を、企画、運営、集客まで高校生が行います!
さらに、企業との取り組みの成果を選ばれた3チームが成果発表します!
●16:15〜18:30 / 分科会
2030年の暮らしを考えたとき、自分たちはどうすればいいのか。
これまでの活動、今後について8つのテーマに分かれて話し合います。
<前半>
・多様な働き方と暮らし方 
・A-biz(熱海市チャレンジ応援センター)
・新しいボランティアのかたち〜あたみん〜 
・グリーンエネルギーとエコな暮らし
<後半>
・アートとビジネス
・僕の目指す本当のお役所仕事
・熱海リノベーションまちづくり 
・超高齢化の熱海の福祉の未来
【第三部】
19:00-20:30 大交流会
______________________________________

 

【ATAMI2030会議 座長】
清水 義次(Yoshitsugu Shimizu)氏
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-002

建築・都市・地域再生プロデューサー/株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役/3331 アーツ千代田代表/一般社団法人公民連携事業機構代表理事
1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。主なプロジェクトとして、北九州市小倉家守プロジェクト、岩手県紫波町オガールプロジェクトなど、民間のみならず公共の遊休不動産を活用しエリア価値を向上させるリノベーションまちづくり事業をプロデュースしている。

 

 

【本会議トークセッション コメンテーター】
大島芳彦(Yoshima  Ohshima)氏
株式会社ブルースタジオ クリエイティブディレクター 専務取締役 1970年東京都生まれ。
大手組織設計事務所勤務を経て、2000年ブルースタジオにて遊休不動産の再生流通活性化をテーマとした「リノベーション」事業を起業。その活動域は建築設計にとどまらず、不動産商品企画、コンサルティング、グラフィックデザイン、プロパティマネジメントなど多岐にわたる。実需、事業用を問わず単体不動産の再生を手がける一方で、団地再生、地域再生など都市スケールの再生プロジェクトを自治体とともに取り組む。近年では 全国で展開する地域再生ワークショップ「リノベーションスクール」の実績により2015年日本建築学会教育賞受賞。団地再生プロジェクト「ホシノタニ団地」で2016年度グッドデザイン金賞(経産大臣賞)を受賞。 (一社)リノベーション協議会理事 副会長。(一社)HEAD研究会理事。(株)リノベリング取締役。大阪工業大学建築学科客員教授。東京理科大学建築学科非常勤講師。

【参加表明】
☆要申し込み☆
お申し込みはこちらのフォームからお願いします!
※お弁当について(2/8締め切り)
フォームでお昼のお弁当に申し込みが出来ます(500円)
※キャンセル不可。会場内、売店はございませんので、お弁当にお申し込みいただくかご持参ください。
「ATAMI2030」
それは、もう一度熱海の持つ資源を読み解き、時代に合わせて都市と暮らしをアップデートするプロジェクト。
外の人も内の人も、若者もシニアも、行政も民間も、境目なしに自分たちの暮らしは自分たちでつくっていく。
熱海を合言葉に集まった一人一人が語り合い、つながり、その中で新しいプロジェクトや暮らし方が動き始める。
そんな未来に向けて、熱海が動き始めています!!
より豊かな暮らしができる2030年をあなたも一緒に創りませんか?
【主催】熱海市
【協力】株式会社machimori