MENU

ホーム > イベント > ATAMI2030会議 >


2016年度 第6回(最終回)ATAMI2030会議 記録映像

2017年5月10日 10:32am

ATAMI2030会議 第6回(最終回)「構想&2030年に向けたプロジェクト発表」
熱海リノベーションまちづくり構想 検討委員会
[主催] 熱海市  [協力] 株式会社 machimori

 

◆日時:2017年3月11日(土) 13:30〜17:00
◆場所:国際観光専門学校 熱海校(熱海市中央町13-4)

 
◆資料は下記よりダウンロードしてご覧頂けます。
熱海リノベーションまちづくり構想

◆プログラム
こちらの再生リストからは全編通してご覧いただけます。

 

1部〜9部のパート毎の再生は以下からご覧いただけます
#6−1 OPENING TALK(12分)

 

#6−2 実践者プレゼン テーマ「不動産と地域資源」(21分)
HUBlic ATAMI,南熱海で自分らしく生きる,Circulation life,都心からの二地域
居住の集積地を作る,遊休不動産の利活用

 

#6−3 実践者プレゼン テーマ「食と農」(22分)
インキュベーション・キッチンRoCA,Organic Cafe M2,純喫茶バール カトマイ,Café Beluga

 

#6−4 実践者プレゼン テーマ「林業とエコな暮らし」(10分)
熱海林業研修チーム1期,熱海を「木」でわかす

 

#6−5 実践者プレゼン テーマ「福祉と健康」(13分)
Warmy,エイペックス・スポーツ(株),多賀屋別邸

 

#6−6 実践者プレゼン テーマ「ツーリズム」(18分)
utrymme,(株)伊豆おはな,Weeken’

 

#6−7 実践者プレゼン テーマ「公共空間・家守PPP」(16分)
Chause,海辺のあたみマルシェ, 佐藤秀幸,nagisArt

 

#6−8 実践者プレゼン テーマ「まちづくりへの関わり」(7分)
Atameet,株式会社ネクスト,熱海市職員まちづくり研究チーム,1% for ATAMI2030ファンド

 

#6−9 「構想検討委員コメント 〜 熱海市への提言〜閉会」(50分)

 

◆ATAMI2030会議 公式サイト
http://renovation-atami.net

 

■ 熱海リノベーションまちづくり構想検討委員会
http://www.city.atami.shizuoka.jp/userfiles/1854/file/profile.pdf

委員会座長:清水義次(Yoshitsugu Shimizu)
建築・都市・地域再生プロデューサー/株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役/3331アーツ千代田代表/一般社団法人公民連携事業機構代表理事
1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。
マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。主なプロジェクトとして、北九州市小倉家守プロジェクト、岩手県紫波町オガールプロジェクトなど、民間のみならず公共の遊休不動産を活用しエリア価値を向上させるリノベーションまちづくり事業をプロデュースしている。

 

問合せ:熱海市役所観光経済課産業振興室
電話:0557-86-6204
Mail: sangyoshinko@city.atami.shizuoka.jp

※映像中の敬称は略させていただいております。ご了承ください。
※映像協力 スズキノブヨシ(トランジスタハウス)