MENU

ホーム > イベント > ATAMI2030会議 >


7/28 ATAMI2030会議「地域で子どもを育む」参加者募集!!

2018年7月2日 17:56pm

 

2030会議_0728

「ATAMI2030」

それは、もう一度熱海の持つ資源を読み解き、時代に合わせて都市と暮らしをアップデートするプロジェクト。
外の人も内の人も、若者もシニアも、行政も民間も、境目なしに自分たちの暮らしは自分たちでつくっていく。
熱海を合言葉に集まった一人一人が語り合い、つながり、その中で新しいプロジェクトや暮らし方が動き始める。
そんな未来に向けて、熱海が動き始めています!!
より豊かな暮らしができる2030年をあなたも一緒に創りませんか。

★お申込みはこちらから★(ページ下部にも同様のリンクがあります)

https://goo.gl/forms/oEtkbDjCxcGF8rGE2

 

2018年度ATAMI2030会議 「地域で子どもを育む」

【日時】2018年7月28日(土) 13:00-17:00

【会場】naedoco(熱海市銀座町 6-6 サトウ椿ビル 2F)

【参加費】無料。懇親会は2,000円。

■全体スケジュール
13:00-13:50   第一部  「熱海のはじめ方」
様々なきっかけから熱海に関わるようになり、
今ではドップリ熱海に浸かるようになった方々のパネルトーク。

14:00-17:00   第二部  ATAMI2030本会議
-ゲストトーク
-グループディスカッション
熱海で教育に関する活動をされている方々と参加者の皆さんでグループディスカッション。
活動を加速するには?新しい活動は?などなど想いを形にするためのディスカッションを
行います。

■懇親会
終了後〜18:30頃 懇親会

 

【ATAMI2030会議 ゲストトーク】
講演者
NPO法人智頭町森のようちえん まるたんぼう理事長
西村 早栄子(Saeko Nishimura)氏

西村さん写真.001
1972年東京生まれ。95年東京農業大学林学科卒。在学中にマングローブの研究に興味を持ち、97年琉球大学農学研究科生産環境学部卒(修士課程)。00年京都大学農学研究科熱帯林環境学講座(博士課程)課程終了。京大在学中に1年半ミャンマーへの留学経験あり。00年に学生結婚し(01年長女誕生)、03年夫の出身地である鳥取県入庁。
入庁後、前年入庁した夫共々新規採用職員向けの現場研修で世話になった智頭町への移住に憧れはじめ、06年1回目の育休を機に念願の古民家を取得し智頭町に移住(同時に6haの山も購入)。07年より町の人材育成事業(いきいき人づくり塾)や、‘智頭町100人委員会’などに参画し‘智頭町に森のようちえんをつくる会’の活動を行い、09年4月念願の‘智頭町森のようちえん まるたんぼう’開園。13年3月県を退職し現職。

NPO法人智頭町森のようちえん まるたんぼうHP:http://marutanbou.org/

 

【ATAMI2030会議 座長】
清水 義次(Yoshitsugu Shimizu)氏
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-002

建築・都市・地域再生プロデューサー/株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役/3331 アーツ千代田代表/一般社団法人公民連携事業機構代表理事
1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。主なプロジェクトとして、北九州市小倉家守プロジェクト、岩手県紫波町オガールプロジェクトなど、民間のみならず公共の遊休不動産を活用しエリア価値を向上させるリノベーションまちづくり事業をプロデュースしている。

 

【申込】★お申込みはこちらから★
https://goo.gl/forms/oEtkbDjCxcGF8rGE2

 

【会場詳細】
naedoco(熱海市銀座街6-6 サトウ椿ビル 2F)

【主催】熱海市

【協力】株式会社machimori

 

【今後のスケジュール(予定)】
第3回 2018年 9月22日(土)
第4回 2018年 11月17日(土)
第5回 2019年  2月16日(土)