MENU

ホーム > イベント > ATAMI2030会議 >


ATAMI2030会議ファイナル 分科会紹介<前半>多様な働き方暮らし方

2019年1月29日 22:24pm

2018年度ATAMI2030会議ファイナルのプログラムをご紹介!

【第二部】の分科会プログラムでは、

2030年の暮らしを考えたとき、自分たちには何ができるのか?

これまでの活動、今後について前半後半合わせて、8つのテーマに分かれて話し合います。

<前半>
・多様な働き方と暮らし方 
・A-biz(熱海市チャレンジ応援センター)
・新しいボランティアのかたち〜あたみん〜 
・グリーンエネルギーとエコな暮らし
<後半>
・アートとビジネス
・僕が目指す本当のお役所仕事
・熱海リノベーションまちづくり 
・超高齢化の熱海の福祉の未来

 

分科会のプログラムについて、ご紹介していきます!!

<前半> 多様な働き方と暮らし方

熱海で自分の働き方と暮らし方を模索しながらつくりあげてきた2人のファシリテーターのトークののち、意見交換をいます。

 

●働き方編

水野綾子さん

 

編集者。出版社で雑誌の編集を経て、2015年から編集業に加えて”人のPR業”を開始。2017年に家族で熱海に移住。東京での仕事は続けながら、熱海・東京間を行き来するサーキュレーションライフ(循環型生活)を送る。二拠点、複業など「多様な働き方」を熱海から実践、発信中。

『自分のキャリアを育てる、「地方で複業」という選択』

終身雇用や大企業神話の崩壊など、いま「働き方の潮目」が確実に来ています。

 

東京での仕事は続けながら、2017年に熱海にUターン。日々、熱海と東京を行き来するなかで思うことは、ひとつの会社に依存するのではなく、複数の”居場所”や”コミュニティ”を持つことが、より自由な人生につながるということです。

 

以前のように一つの企業に務め上げることが、必ずしも「幸せな人生」や「キャリアアップ」に直結するわけではなく、リスクにもなり得る時代。これからは「したいこと」や「できること」と向き合いながら、多様なコミュニティと関わり、信頼を築いていくことが重要です。

かといって、仕事を辞めてゼロから新しい仕事や環境に身を置くというのはなかなか難しい…。
今回お話をしたい「複業」は、 今の仕事や経験を捨てずに活かしながら、新しい可能性を作っていける働き方です。大きな決断をしなくてもいい。小さな決断を積み重ねることで、見えてくるものもあると思います。

 

当日は、私がどのようにキャリアを広げているか、東京での仕事や熱海での関わり方をお話しするとともに、昨年末から今年の3月にかけて、熱海では4社の企業様にご協力いただき、複業の受け入れを実施中。複業をする側と受け入れる側のリアルな声もお届けしたいと思います。

 

熱海は自分が望む「濃度」での関わり方がしやすいまち。
熱海を使って、わがままに楽しく働く人たちが増えると嬉しいと思っています。

 

●暮らし方編

中屋香織さん

 

義父母との同居・夫の都内通勤・子供の教育問題を乗り越え、2017年に自然色豊かな熱海市に移住。前職の東京R不動産での経験を活かし、現在は今の生活に違和感を持つ人へ自分らしく暮らす相談を行う「ライフスタイルデザイナー」として独立。

「熱海の多様な暮らし ダイジェスト編」

 

~熱海でイキイキと暮らしている人のライフスタイル~

 

時代の過渡期を生きている私たち。

働き方が多様化しつつある中で、ライフスタイルの見本やお手本は少なく

何を目指して突き進めばいいのかわからなくなってきています。

幸せに暮らすためにがんばっているのに、多忙な日々に追われて

自分の幸せはどこにあるのかわからなくなっている人も増えているようです。

 

実際に、私もその一人でした。 

私は3年前「自分らしく生きられる場所」を探しもとめ、南熱海エリアが気に入り

愛らしい家を見つけ、2年前に移住し家族で日々を楽しく過ごしています。

熱海は、「移住にオススメ!」と万人に勧められる街ではありません。

急な坂道が多いし、何かと選択肢は少ないし、賃料も安くない。

けれど私にとっては魅力的で可能性に満ちた街だし、

人それぞれに魅力を発見し楽しく住んでいる人がいる街なのです。

 

そこで、この分科会の「暮らし」部門では、

「熱海にはどんな人がどんな風に住んでいるのか知りたい」

「熱海って普通に暮らせるの?」

「近い将来どこかに移住したいと考えているが、自分にできるかどうか不安」

「東京の仕事はやめたくないけど、首都圏で住みたい場所が見つからない」

「地方との関わり方を模索している」

という人たちのために

 

・移住して自分らしい暮らし方を実践している人

・移住はしていないけれど居場所を見つけ関わっている人

 

など多様なライフスタイルを送る人たちを紹介します。

 

そして

・こんな暮らし方あったのか!

・このライフスタイルなら参考にできるポイントがありそうだ。

・そうそう!こういう生き方に憧れていたんだっけ。

など、気付きや発見をベースに自分らしい幸せなライフスタイルを

考えるきっかけにしていただければと思います。

 


【日時】2019年2月16日(土) 10:00-20:30

【会場】[第一部] MOA 美術館 能楽堂
    (熱海市桃山町26-2)
    [第二部・第三部] 救世会館
    (熱海市桃山町26-1)

【参加費】無料。懇親会は4000円

☆要申し込み☆
お申し込みはこちらのフォームからお願いします!
https://goo.gl/forms/S6kRknqaWjYgzqEe2

 

「ATAMI2030」
それは、もう一度熱海の持つ資源を読み解き、時代に合わせて都市と暮らしをアップデートするプロジェクト。
外の人も内の人も、若者もシニアも、行政も民間も、境目なしに自分たちの暮らしは自分たちでつくっていく。
熱海を合言葉に集まった一人一人が語り合い、つながり、その中で新しいプロジェクトや暮らし方が動き始める。
そんな未来に向けて、熱海が動き始めています!!
より豊かな暮らしができる2030年をあなたも一緒に創りませんか?
【主催】熱海市
【協力】株式会社machimori