MENU

ホーム > イベント > ATAMI2030会議 >


ATAMI2030会議final 熱海を変える実践者インタビューvol.4

2017年3月4日 3:12am

ATAMI2030会議ファイナル、いよいよ本日開催です。
「熱海リノベーションまちづくり構想」の発表にあわせて、
熱海を変えるために動き始めたプロジェクトのプレゼンテーション大会も同時開催します。
登壇予定の実践者たちへのインタビュー第四弾をお届けします。
  
《健康と福祉》

2030.001

「自分自身、子育てに追われてやりたいことができなかった。そんな自分の本当にやりたいことをできないまま育児と家事に縛られる孤独なママたちを救いたい」

安藤さんは結婚を機に、夫と一緒に熱海へ移住。家探しをしていたところ丁度いい物件のあった南熱海への移住を決めました。南熱海は海と山が近く、自然に恵まれたのどかな場所として、子育てにはよい土地だと思ったそうです。
「熱海で子供が生まれとても幸せでした。一時たりとも子どもと離れたくない気持ちでいっぱいでしたが、ふと、不慣れな土地で頼れる親戚もいない、子供を預けられる施設も少ないこの地域で子育てをするのは大変なのではないか。一日中母と子と二人きり、自由に外出もできず、もしかしたら孤独な『孤育て』になってしまっていたのではと感じました。」

子育ても楽しみながら社会に関わったり自己実現をしたりするために仕事がしたかったという安藤さん。そのときから、子育てママたちが、子育てもやりたい仕事も両立して、なりたい自分を手に入れる事業をやりたいと考えはじめたそうです。

 

ひとりでも多くのママが、一歩踏み出せるように

ママたちが育児や家事に追われて自分のやりたいことを我慢しなければならない。安藤さんはそんな社会を変えようとしています。自分の悩みややりたいことを相談する仲間ができて、一緒に何かやってみる。そんな場所を作ろうとしてきました。

そこで立ち上げたのが「warmy」という、子育てママを応援するボランティ団体でした。ママたちが集まって、子育てに限らずいろいろなことを話したり、親子で参加するイベントを企画したりしてきました。ただ、ボランティア団体のwarmyではボランティアを超えて、子育てをしながら自分のやりたい仕事がしたいというママたちの願いは叶えられませんでした。そこで今回始めようとしているのが、「mawish」という団体です。

 

子育ても楽しみながら、「私らしい」働き方をつくる 

安藤さんmawishがやるのは、ママと企業とのマッチング、ママの起業支援、そして熱海ブランドを立ち上げることによる雇用作りです。そこで安藤さんは、ママたちが自分に合った働き方をしたり、実際に自分のスキルを活かして起業したりできるような環境を熱海に作っていこうとしています。

「ママたちが輝ける場所を作りたい」そう話す安藤さんが作り出すのは、ママたちが子育てをしながらも自分のやりたいこと、望む生き方を実現できる社会です。そうして熱海が子育てしたくなるまちになり、ママたち、そしてその子どもたちがイキイキと暮らせるように。安藤さんの挑戦は続きます。

  

《ツーリズム》

2030.004

リスクでがんじがらめの会社員を、無邪気かつアクティブになるよう活気づけたい

「私の家族に起こったキャリアクライシス(事業閉鎖・精算担当等)から、個人のキャリア・経済活動は、会社に守られることはなく、すぐにも自律する必要性があることを痛感した経験を持ちます。」という笠井さん。会社員が会社しかない都会だけの生活に縛られず、仲間と楽しみながら、自分らしく活躍できる社会を作りだそうとしています。そこから”複業”や”起業”など自律できる環境作りを目指しています。

 

チームを組んでアイデアを出し合い、そのアイデアを熱海で実現する

笠井さんは東京でITの仕事をしています。その中で、チームがアイデアを出しながら事業開発をするプラットフォーム「Weeken’」を開発しました。「オンラインで話しながら、熱海に来て実際に事業を実現するというストーリを考えています。」という笠井さん。何かやりたい事業のアイデアがある人たちが集まってチームを作り、アイデアを話し合っていく。そしてそのアイデアを地域という現場に出て実現してみるという流れです。

そこで今回笠井さんが注目したのが、NPO法人atamistaが始める熱海の体験型プログラム「あたみのつかいかたTRIP」。地域の人たちが自ら体験プログラムを企画して、お客さんに提供する取り組みです。笠井さんはこの事業と協業して、熱海のプレイヤーたちがアイデアやスキルを体験プログラムとして形にする補助をしたり、そのアイデアやスキルをもつ人材を求めている企業を紹介して採用につなげたりして、一個人が自立して稼げる環境をつくろうとしています。

 

様々なスキルを持つ個人が自分たちのアイデアを実現していくまちへ

笠井さん

 「アイデアはあるけれど、実現に接続していかない。熱海でアイデアを事業化にすることで自立して起業するなり稼ぐなりできるようにしたい。」

今、熱海には、市の内外から多くのプレイヤーが集まり、それぞれのアイデアを事業化しようとしています。Weeken′がそこに入ることでその動きを加速化していける。
今まさに、たくさんのアイデアが生まれている熱海。笠井さんの協力で、その多様なアイデアがどんどん形になっていくことでしょう。
 
 
熱海の未来が見えるATAMI2030会議ファイナルはいよいよ本日開催!
熱海が動き始める場に、ぜひお立会いください!


ATAMI2030会議 第6回(最終回)「構想&2030年に向けたプロジェクト発表」

詳細はこちらの記事をご覧ください。

登壇予定者紹介はこちらの記事をご覧ください。

【日時】2017年3月11日(土) 13:30〜17:00
【会場】国際観光専門学校 熱海校(熱海市中央町13-4)
【参加費】ATAMI2030会議 は無料。 懇親会は4,000円程度(予定)
【申込】★お申込みはこちらから★
https://goo.gl/forms/mGIokJ0vkllOJRpS2

【主催】 熱海市   【協力】株式会社machimori

ご来場お待ちしております。